スムーズに会社設立をするなら会社名を考えておこう

税理士に代行を依頼できますが、自分で考えるべきことが複数あります。その中でも重要になる部分は会社名です。会社名を決めるのは税理士に依頼できないので、事前に考えておきましょう。会社名を決める時には何でも良いのかと思っている人もいますが、いくつかルールがあるので、スムーズに決めるためにも会社名を決める時のルールについていくつか話します。

まずルールの一つとして挙げられるのが株式会社は必ず含めます。それぞれ会社名は異なりますが、その種類に応じて「株式会社」などの文字を含めなければ登録できません。一般的には会社名の前後に入れることが多いです。

誤解を招くような会社名は使用不可です。例えば実績のある大企業や有名企業の名前をそのまま使うなど見た人の誤解を招く社名は使えないので、考える時には注意しましょう。

また、社名に使用できる文字には一定の制限があります。例えば、漢字やローマ字、ひらがな等のワードは含めることができますが、会社名に含められる文字から好みの社名の決定をします。また、同じ地域にある会社の同一の名前も社名にできないので、設立する場所の周辺に位置する社名も調査しましょう。このほかにもさまざまな決まりごとが存在しています。

会社設立を税理士に依頼した方がいい理由

起業への憧れを抱く人は多くいるので、現在会社員や自営業で働いている人の中には会社設立を目指している人や、実際に起業へ取り掛かろうと考える人も少なくないでしょう。起業を検討している人の多くは会社設立の進め方を知らない人も少なくありません。そのため、法人化するにあたり会社設立に関するサービスを利用する人は数多くいます。

会社設立をするためのサービスを提供する機関は複数挙げることができます。例えば、弁護士や司法書士、税理士です。多くの会社設立検討者においてはこの利用できる機関の中でも税理士に魅力を感じて利用する人が多いです。その魅力とは設立手数料の負担減少を期待できます。起業家が自身で会社設立手続きをした方が負担が少ないように感じる人も多いですが、逆に手数料が発生します。一方で税理士事務所が提供する会社設立代行サービスを利用すれば、知識や経験を活かして手数料を少なくできるようにしてくれます。

書類作成を代行してもらえる点も魅力として挙げることができます。法人の登録手続きには複雑で書類の種類も複数に及びます。今まで手続きの経験がない人は不備の発生などの懸念があります。代行サービスを利用することで、プロの人に任せられるので、書類作成をスムーズ化できます。

上記の様に、税理士の利用により起業家が得られる魅力は多いです。会社設立をスタートさせたい人は自身で手続きをするか、もしくは税理士の代行サービス利用か迷う起業家もいますが、迷う方は魅力も比較しましょう。