会社設立には社名以外にもさまざまな注意したいポイントが存在しています。複雑なこともいろいろあるので、事前に税理士にそのポイントを聞いておくことが重要になりますが、社名以外にも本店所在地も注意したいポイントが2つあるので、これから会社設立を考えている方のためにも本店所在地を決める時に注意したいことについて説明します。

まずポイントの一つとして挙げられるのが自宅を本店として定める場合です。この場合、もし自宅が賃貸だという場合には注意が必要です。その理由は、賃貸契約の際には法人不可の物件が多いため。法人不可の場所では本店所在地として決めることができません。そのため、引っ越しの必要性が浮上します。手間を少なくするため、自宅が賃貸で本店所在地として登録する際には法人の可否を確認しましょう。

また、事務所を新たに借りる場合も注意が必要です。ここでも新会社設立の目的で借りることを説明し、承諾を取った上で契約することが大切です。許可を取らないと後で目的外使用とされ、トラブルに発展する可能性があります。もし、別の事務所を借る必要がある場合は新たに資金が必要ですから、許可を取ることは忘れずに行いましょう。

このように起業で本店所在地を決める時に注意すべきポイントを把握しておく必要があります。