どこの税理士に依頼する?

会社設立代行サービスを依頼したい時に税理士にお願いを検討している人も多くいますが、税理士は世の中にたくさんいます。実際に代行を引き受けてくれる税理士も多く、どこに依頼をするかが重要です。スムーズな会社設立のためにもここでは選び方について話します。

選び方としては融資などのアドバイスやサポートを受けられるかです。会社を設立する時や設立後は何かとお金がかかります。なるべく負担を減らすために融資を選択する方が多いですが、融資には何かと審査などもあって大変です。スムーズに融資を受けるためにもサポートをしてくれるかは重要になるので事前にチェックしておきましょう。

選ぶ際には経営に関するアドバイスも受けられるかをチェックしましょう。例えば現金をなるべく多く残すための対策や、節税の方法など、経営に関するアドバイスをしてくれる税理士なら心強いので、設立代行以外にも経営のアドバイスが可能かのチェックもしておきましょう。

このように、選び方は重要なポイントの一つです。後悔を少なくするためにどのような税理士事務所に依頼をするべきかチェックして選びます。もしサポートが充実した税理士事務所を選択できれば、更に会社設立をスムーズ化できます。

会社設立で本店所在地を決める時に注意すべきポイント

会社設立には社名以外にもさまざまな注意したいポイントが存在しています。複雑なこともいろいろあるので、事前に税理士にそのポイントを聞いておくことが重要になりますが、社名以外にも本店所在地も注意したいポイントが2つあるので、これから会社設立を考えている方のためにも本店所在地を決める時に注意したいことについて説明します。

まずポイントの一つとして挙げられるのが自宅を本店として定める場合です。この場合、もし自宅が賃貸だという場合には注意が必要です。その理由は、賃貸契約の際には法人不可の物件が多いため。法人不可の場所では本店所在地として決めることができません。そのため、引っ越しの必要性が浮上します。手間を少なくするため、自宅が賃貸で本店所在地として登録する際には法人の可否を確認しましょう。

また、事務所を新たに借りる場合も注意が必要です。ここでも新会社設立の目的で借りることを説明し、承諾を取った上で契約することが大切です。許可を取らないと後で目的外使用とされ、トラブルに発展する可能性があります。もし、別の事務所を借る必要がある場合は新たに資金が必要ですから、許可を取ることは忘れずに行いましょう。

このように起業で本店所在地を決める時に注意すべきポイントを把握しておく必要があります。